個人的ヤベーニュース

個人的に興味を持ったことを記事にします。

神田沙也加さんを精神的に追い詰めたのは前山剛久? 週刊文春が罵倒音声を公開

f:id:yabai_news:20220107005635p:plain

舞台で共演した前山剛久と神田沙也加さん

↑↑↑

上の画像をクリックしてくれたら大変嬉しいです!

 

【最大70,000円キャッシュバック】フレッツ光

週刊文春が罵倒音声を公開

俳優の神田正輝さんと歌手の松田聖子さんの長女で、大ヒット映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版では主人公・アナの声を演じた神田沙也加さんが亡くなる直前に、交際相手の俳優と激しく口論する音声を1月5日に週刊文春が公開しました。

 

その内容は、以下の通り

された音声データには、静かに問い詰める沙也加と、言葉少なに答える前山の声が収め

られていた。

沙也加「じゃあ、1カ月で引き払うってこと言ってんの?」

前山「うん」

沙也加「マイ・フェア(が終わる)までって、あと1カ月しかないのに?」

前山「うん」

沙也加「そんなことしないでしょ」

前山「1週間で引き払わせて、じゃあ」

沙也加「でも自分が決めてきたところ、1カ月で引き払わないでしょ」

前山が契約を決めたマンションを1週間で引き払うと主張するのに対し、神田が「そんなことしないでしょ」と応じている場面だ。
ところが、ここで前山の声のトーンがガラリと変わり、怒鳴り声になっていく。

前山「引き払うって! なんで俺のこと信じないの、そうやって! おい!」

沙也加「怒鳴らないで」

前山「死ねよ、もう。めんどくせぇな」

沙也加「『死ね』って言わないで」

前山「死ねよ」

沙也加「『死ね』って言わないで」

前山「(遮るように)死ねよ」

沙也加「(やや涙声で)何で言うの?」

前山「死ねよ、マジで」

「死ね」という言葉を4回繰り返す前山。
沙也加はハッキリと涙声になって、こう問いかけた。

沙也加「死んだらどうなの?」

前山「ん? 別に」

沙也加「何とも思わないの?」

前山「うん」

沙也加「せいせいする?」

前山「うん。お前しつこいんだもん、だって」

すすり泣きながら、沙也加はこう言葉を継いだ。

沙也加「『死ね』って言わないで。叩きなよ、じゃあ。『殺すぞ』とかさあ、『死ね』とか言うんだったら。言うこと聞かせればいいじゃん、それで」

前山「そんなことしないよ。殴ったらだって俺、悪くなるじゃん」

沙也加「そんなこと言ったって、『死ね』って言ったって、『殺すぞ』って言ったって、おんなじだよ」

前山「いいじゃん、もう死ねば。みんな喜ぶんじゃない?」

沙也加「私が死んだら?」

前山「うん」

沙也加「なんでそんなこと言えるの? みんなに嫌われてるってこと?」

前山「うん」

しばらく沈黙が続き、沙也加は声を絞り出す。

沙也加「ねえ? (涙声で)ねえ、そんな酷いこと言わないでお願いだから」

そして、音声データの最後に収められていたのは、

沙也加「『大好きだ』って、『こんなに合う人いない』って言ったから付いてきたんだよ……」

将来を見据えたはずの恋人に縋(すが)りつく言葉だった。

引用:2022年1月5日 週刊文春

本気の漢を目指せ!【Volstar-Beyond】

明らかに神田沙也加さんを罵倒しています。

恋人は間違えなく俳優の前山剛久

俳優の前山剛久は神田沙也加さんとの真剣交際を公表しています。

罵倒音声が週刊文春が公開した約30分後に2、3月に出演予定だった舞台「ピアフ」(シアタークリエ)を降板し、活動休止することを5日、所属事務所の公式サイトで発表しています。

SNSで大炎上 前山に対する批判が止まらず…

文春で報じられた内容の真偽は100%正しいとは限りませんが、SNS上は前山に対する批判のコメントが殺到する事態になっており、中には誹謗中傷の書き込みも多くみられます。

セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村